戦いのあとのRX-78-2 本体完成

大体出来た。右腕と装備品スタンバイ

ウェザリングマスターを使って、ウェザリングをした。
いつの間にか、グラデーション塗装もしていた。
スポンジは、かなり使いやすい。タミヤのウェザリングマスター(粉)もいい。
本を参考に、ヤスリ、ピンバイス、デザインナイフで撃たれた箇所を作った。
マシンガンとビームを何回か受けた。敵機を何機も撃破、黒い煤は、その返り煤だ。

戦いのあとのRX-78-2 本体完成

足の内側の隅になるところに、グラデーションになるドライブラシを入れようとスタンバイしていたが、

溝、凹みは、墨入れ。

出ているところ、エッジ、凸は、ドライブラシ。

ということを知り、そのわかりやすさが気に入り、本体は完成とした。

ランドセルとビームライフルは、まだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加