スポンサーリンク

検索

ごぼう茶のおいしい出し方とごぼう茶殻ごはん

前回の「冬の朝、体にやさしい飲み物がほしい」の続きです。

 

ごぼう茶のティーバックを入れて、約2分間待つつもりが、ちょっと目を離したら5分間ほど経っていました。

ティーバッグをティーカップに入れてお湯を入れて5分間ほど経ってしまったごぼう茶の写真です。

 


とても香ばしいのですが、土の香りか苦味に似た味で何口か飲んでいると渋みが気になってきました。ティーカップに入れてお湯を注いで5分間は、僕的には、出しすぎですね。

 

あついお茶を2杯くらいすぐに飲みたい時は、ティーバッグを急須に入れて出すのが一般的かもしれませんが、何杯か出すとき僕は、いつも使っている珈琲用のサーバーを使うことがよくあります。(洗うのもサッと流すくらいですみますので)

ほうじ茶、紅茶なども、このサーバーに入れて出しています。

 

ごぼう茶も出してみました。 薄めになってもゴクゴク飲めるほど美味しいです。薄いがおいしいというわけです。

ほうじ茶や色んなお茶よりも美味しいと言えるかもしれません。(その時の気分、好みがあって、さらに茶葉や出し方にもよるでしょうが)

 

ティーバッグ1包で何度も出して飲んだ感想 

 

何度も出すと味が薄くなってきます。 それでも感動したのが、ごぼう茶の場合は何度目かでも色は濃くでるのです! お湯を注いで3分間、1回目は、色が薄いが味はある、という状態で、3回目になると色が濃いが、味が薄すぎるという結果になりました。

 

ごぼう茶をサーバーで出した回数

 

1回目 色は、薄いが味はある。

3回目 色は、濃いが味がない。

 

最も適切な入れ方

 

焙煎ごぼう茶を袋に記載されている入れ方で出しました。

やかんに水を1リットルから1.2リットル入れて、ティーバッグを1包入れてお湯を沸かします。

沸騰後3分煮出したら出来上がりです。

 

水といっしょに入れると良いので手間がかかりません!

 


ごぼうの味が良く出ています。

 

この出し方が一番味のバランスが取れていて美味しいと思いました。くせになるようなおいしさです。 「う〜」とうなるほどにうまい香ばしさがあります。

コーヒーの代わりになれるかもしれないポストコーヒーとしても焙煎ごぼう茶は美味しいです。

 

やはり焙煎が効いているようです。

このときから、ごぼう茶を何度も作り飲む度に思うのか、やはり焙煎のおいしさと香りです。

 

焙煎ごぼう茶に使われている青森県産と茨城県産の大型のごぼうのことを知ると、焙煎に加えて、焙煎で引き立つごぼうの香りと控えめで水のように感じるごぼうの甘さも美味しさの秘密なのでしょう。

 


南雲監修ごぼう茶

 

 


スポンサーリンク


ごぼう茶を出したティーバッグを使って、そのティーバッグから茶殻を取り出して、お米を炊く際に、炊飯器にお米と一緒に入れると美味しいごぼう茶殻ご飯が出来上がります。

 


ごぼう茶を出した後のティーバッグから取り出したごぼう茶です。これをごぼう茶殻と言います。せっかくのごぼうをそのまま捨ててはもったいないです。そして、使うことでご飯が美味しくなります。

 


できたごぼう茶殻ごはんです。

煮出したごぼう茶をそのままご飯を炊くときに使う水の代わりに使うと、ごぼう茶ごはんになります。

 


混ぜご飯にごぼう茶殻を入れたごぼう茶殻混ぜご飯です。

 

ごぼう茶殻ご飯は、ふっくらとした食感と甘さがある味でした。ごぼうから出た成分がご飯がふっくらとさせて、美味しく炊き上がったようです。これ一つでも満足しそうな美味しさでした。おにぎりのちょうど良いかもしれませんね。

 

【公式】ごぼう茶オススメはこれ


コメント
コメントする