スポンサーリンク

検索

見た目だけではなくて体がこうなっていることがわかった。「自律神経をコントロールする!カラダスッキリ!呼吸法ヨガ」 その2「背中ストレッチ&片鼻呼吸で自律神経をコントロール篇」

午後からフィット・リブの「自律神経をコントロールする!カラダスッキリ!呼吸法ヨガ1」をしてからさらに「自律神経をコントロールする!カラダスッキリ!呼吸法ヨガ 2」の「背中ストレッチ&片鼻呼吸で自律神経をコントロール偏」をすることにした。

最近、僕は、体をひねる動作や仰向けになってくの字になる動作など、このような動作をしていない。

胴体に脂肪がたまり筋肉の落ちた体の重さと柔軟性の少なさを知ることができた。

体は動かしていないと、スッキリさせていないと、 いざという時、なかなか大変な代物になる。

片鼻呼吸では、 カイロプラクティックで学んだ右半身の神経を司るのが左脳で左半身の神経を司るのが右脳であることなどを思い出した。
普段の生活では使わない神経や体の部位を使うことによって、新しい意識が芽生えるように感じた。
落ち着いた気持ちの中で新しい考えなど思い付きやすくなるのではないだろうか。

 

1501130774928.jpg
片鼻呼吸は、片方の鼻を指で閉じて吸って吐く。

 


時間、エクササイズ、講師を選べて自宅で“楽しく&効果的”に運動できるフィットネスライフ[フィット・リブ]


スポンサーリンク



コメント
コメントする