スポンサーリンク

検索

デザイン性の優れた愛着のある質の良いモノを長く使う。

タイトルは合っているのか定かではないが「フランス人は10着しか服を持たない」という内容の本があることを聞いたことがある。 そして、僕は、ファッションには、うるさい方で特に高校生くらいから、こだわっていた。

しかし、今になって考えてみると、流行のファッション雑誌を参考に流行を追っていたことが多かった。

 

東京に住むようになって、流行が変わるたびに、毎年、服だけでなく冬のコートまでも買い換えることに疑問を感じていた。

 

そして、良書を読み、映画をよく見たり、政治、経済、宗教について考え、博物館、美術館によく行くようになってから、大量消費、大量生産の物質至上主義(物質主義的価値観)は、よくないと確信した。

 

芸術の都パリであるフランスでよしとされているモノは、デザイン性が優れていて長く使えるモノ、ということだ。そういう服や雑貨、家具が売れるし好まれているということだ。

質が高いモノを大切に長く使う。

 

実際、服は、気に入ったモノをローテーションで着ることが多いのではないだろうか。新しく買ってもそんなに着なかったりするのは、どうかと思う。気に入っている服があるのに、わざわざ新しい服を買ったり。

 

ビジネス用の服、ワンピース、洋服のレンタルというのは、モノと環境を大切にするという点から良いと思う。

 


自分で選べるワンピース、ビジネス用の服のファッションレンタル【Brista(ブリスタ)】


スポンサーリンク



コンビニで、穏やかで品の良さそうな方は。

いつもベルメゾンを見るたびに思うのは、著者が戸越銀座商店街にあるコンビニエンスストアで働いていたときのことだ。 清楚でやわらかでやさしそうなたたずまいのお客様に限って、ベルメゾン・千趣会の振り込み用紙を持っていた。

当時、通販で買うことは、今より一般的ではなくて、そんなにかっこいいものではないというイメージがあった。

しかし、千趣会の振り込み用紙を持っている女性の方は、どことなくやさしそうで品がいい。

この千趣会は、当時の通販というカテゴリーに属さないような特別なものだのだと思っていた。

なぜそうなのか。今思えば、その人達にとって、特別なものなのかもしれない。そう、ワンちゃんネコちゃん好きにとってのペピイのように。 大切な物だからそう見えるのだろう。


そして、そのベルメゾンにある物がそう思いたくなる物であって、ベルメゾンそのものがその人達にとって、そういうものなのではないだろうか。

ベルメゾンネット

アフィリエイトのシステムによりベルメゾンのぺ―ジに移動します。


スポンサーリンク



勉強したことは無駄になっていなかった。努力は、報われる。

10年ほど前、サイトを1から作って、ブログをいくつも作って、アフィリエイトに取り組んでいた頃のこと。

アフィリエイトで稼ぐための商材を買って勉強していた。

その頃、とんとんくらいに成果は出ていた。プラスマイナスゼロくらいだ。

 

そして現在。求職中であるが、その頃勉強したアフィリエイトの方法で何とか収入を得ることができて、とても助かっている。

 

そういったことがあったので紹介させてもらうことにした。

もしも、すぐに結果はでないようなことになったとしても、勉強しておけば、僕のように将来、助かることになるかもしれない。

 

資格を取ってみること、勉強しておくこと。すぐには役に立たなくとも努力は、報われる。

 

一旦はやめた職業でも、もう一度してみるか、ということはあるかと思う。

 


転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

 

 


スポンサーリンク



フルマラソンを走ったシューズであり、仕事用の内履きと外履きにまでも買ってしまったアシックス。

僕にとってアシックスとは小学生の頃、バスケットボールのスポーツ少年団で履いていたバスケットシューズであり、学校での運動の基本は、皆、アシックスのシューズだった。

中学生の部活もアシックスの赤ラインに青の縁取りのマークのハイカットだった。

 

30代半ばの頃、フルマラソンを走ったシューズもアシックスのニューヨークだった。

その後、短期のアルバイトで足裏を怪我して以来、ソックスもシューズも選ばないといけなくなった僕が、介護の仕事をする際の内履きを探していて、幅広の僕の足に合う履き心地が良いシューズもアシックスだった。

あまりにも、ぴったりと合うので、外履きのシューズにと、もう一足色違いで買ってしまった。20代前半、渋谷で7分袖のシャツを買った以来の買い方だった。

 

そういえば、仕事用の制服やユニフォームなどを売っている大型店で安全靴のアシックスを見つけたことがある。運動性、安定性、足の健康のことを考えたシューズだろうと思った。僕の場合は、特にだが足に合うシューズを最初から履かなくては、立ち仕事で、しかも力仕事となると足を痛めてしまって元も子もなくなる。

皆さんも足に合ったシューズを選ぶべきだ。

 

asicsには、防水タイプのスニーカーのような履き心地の革靴がある。

 


アシックス商事

 

それに高齢者用の脱ぎ履きが楽ちんなシューズがある。

仕事靴に4E、3Eサイズもある。

やはり健康に重きを置いてのシューズ作りをしているアシックスのシューズは、魅力的だ。

それにファッションとしてのスニーカーでは、伝統のオニツカタイガーがある。若者も履きたくなるはずだ。


スポンサーリンク



ソファ選びが楽しくなり、気持ちがしっかりとして、こだわりたくもなる。


モームのソファ

 

お風呂上りに、モームのソファを見て気に入って、モームのHPを見てることにした。

まず嬉しいのがモームのオリジナルの商品が多いということ。あと基本的というかソファらしいソファというのか、シンプルで使いやすくて良いと思った。

 

やはり部屋でくつろぐには、ベッドに寝転んだり、ベッドの上で変な姿勢でくつろごうとしないで、ソファに座ってくつろぎたいものである。それなのでソファーはあった方が良い。それに一人でくつろぐにも友人を呼んで、くつろぐにもソファーはあったほうがいい。

 

学生時代の頃、僕はソファといえば本革のゆったりできるソファにばかり目が入っていたが、今は何か木の脚のついた布のソファが魅力的である。

 

部屋にソファがあるととても品がいい感じになる。モームのソファの品揃えはすごく多い。

 

ソファでは、カントリーソファ、カバーリングソファ、ファブリックソファ、レザーソファ、本革ソファ、日本製ソファ、1人掛けソファ、2人掛けソファ、3人掛けソファ、カウチソファ、コーナーソファ、スツールソファ、ベッドソファなどがある。

 

またダイニングに向いているダイニング3点セット、4点セット、5点セットなどがあり、またソファに合うようなダイニングテーブルやソファー関連グッズもある。それにソファーだけではなくベッドのシングルベッドからセミダブル、ダブルワイドベッド、二段ベッドまである。

 

そしていつも便利だと思ってはいたが、名前のわからないものがこのホームページを見てわかった。それはナイトテーブルと言う。これがあると本などの置き場所に困らない。電子書籍リーダーやスマホも置ける。時計、間接照明はもちろんのことだ。

 

さてモームには、アウトレットセールもあるので、アウトレットセールなどを見てみるもいいだろう。

またコンテンツにはソファの選び方、お手入れ方法などがあり、その辺の近くの店で買うよりは、ソファを大事に長く使え愛着がわき、気に入ることは受け合いだ。

 

音楽を聴くにもお家で映画を見るにも本を読むにもコーヒーを喫するにもソファーはあったほうがいい。


スポンサーリンク



| 1/7PAGES | >>